{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

マツモトダイスケ/Yoshino Cherry Man/Clone

残り1点

88,000円

送料についてはこちら

Artist:マツモトダイスケ Title:Yoshino Cherry Man/Clone size:H287mm×W378mm material:Tracing paper, ballpoint pen Production:2024 [Comment] 数ある桜の品種のひとつである『ソメイヨシノ』は全て一本の原木から人工的に作られたクローンらしい。 それはまるで複製可能芸術である『写真』と同じで制作者の意図によって数限りなく複製できてしまう。 その『ソメイヨシノ』は同じDNAを持ったクローンとしてイメージを量産する事によって「桜といえばソメイヨシノ」と言う様な印象を定着させていったのだと思います。 クローン(複製)をネガティブに捉えるのではなくSNSなどで世の中に溢れるイメージとなった『写真』というメディアを 新しく考える別の方法論としてソメイヨシノの怪人「ヨシノチェリーマン」は生まれました。 その最初の原木(作品)をプリンターなどの印刷技術を使わずに自ら複製したものが「ヨシノチェリーマン/クローン」になります。 (作者本人はその技法を勝手にエレクトリックオブスキュラと呼んでいます。描く写真。 アナログ的に複製することによって作品の思想(DNA?)は同じでも街に咲いている桜の木と同様に一本一本違う個性のクローンを誕生させました。 [Artist Profile] 1985年 鳥取県出身 世の中に溢れる様々なテーマを用いて夢で見るような世界観を現実世界からサンプリングした事象や事柄、ありふれたイメージを使って写真や立体に落とし込む。 2012年にZEN FOTO GALLERYで初個展【SEKAINOHEIWA】を開催と同時に1st写真集を発表。 2014年には同ギャラリーでの個展【TSUMITOBATSU/AKARUIMIRAI】と2冊の写真集を出版。 その後も東京を拠点に国内外で個展、グループ展、芸術祭に参加。 2020年から自身の企画『SOULS』を開始。 2022年、ペインターのgeeekmanとの共同作品『未来原人サンド』をUNDERCOVERとのコラボレーションを発表。

セール中のアイテム